green and white ceramic figurine

会社を売却した後、会社の借入金ってどうなるの?連帯保証は?外せるの?

green and white ceramic figurine

会社を売却した後、会社の借入金ってどうなるの?連帯保証は?外せるの?

経営者の中には、業績が思わしくなく、会社や事業の売却を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。実際に会社や事業を売却した場合、現在抱えている借金や借入金はどうなるのか、気になる経営者の方も多いのではないでしょうか。株式譲渡という方法で会社を売却した場合、債務や借入金は買主に引き継がれます。また、事業譲渡の場合は、譲渡代金で債務や借入金を精算することも可能です。今回は、中小企業の経営者向けに、会社売却における債務・借入金の取り扱いについて説明するとともに、債務・借入金が多い場合でも会社を売却するためのポイントを紹介します。実際に事業を売却する前に、現オーナーは現在の財務状況を慎重に把握し、返済のための実行可能な選択肢を検討する必要があります。状況や売却先によっては、借り換えの選択肢を検討したり、金融機関と支払い計画を交渉したりすることになります。最終的には、売却が決定する前に、負債やローンが解決されていることを確認し、支払いと移行ができるだけスムーズに進むようにするのが最善である。これは、特に中小企業のオーナーにとって、会社売却の最も困難な側面の一つとなるため、売却および譲渡契約を締結する前に、弁護士や会計士の助言を求めることが重要です。このようにすることで、ビジネス・オーナーは十分な情報を得た上で決断を下し、起こりうる問題に対して十分な備えをすることができます。

この記事はこんな方におすすめ
  • 株式譲渡で話が進んでるけど、借り入れってどうなるの?連帯保証はどうなるの?という不安に思われている方向けです!
連帯保証は外れます!
キャプラス編集部
キャプラス編集部

連帯保証解除されなかったらどうしよう

大丈夫、基本的には代表者が変わったら連帯保証も外さないといけないから!

MA先生
MA先生

会社を売却した後、借入金はどのようになるか

会社を売却した後、借入金は売却契約書や譲渡契約書で定められています。売却契約書では、売却する会社の財産(資産)の一部として借入金も売却の対象となります。つまり、売却後は、買収した会社が借入金を引き継ぐことになります。

 ただし、売却契約書や譲渡契約書では、借入金の引き継ぎ方法が異なることがあります。例えば、借入金を引き継ぐことなく、売却手続きに伴い借入金をすべて返済することもあります。また、借入金を引き継ぐ場合でも、売主が買主に対して保証することがある場合もあります。

連帯保証とは

連帯保証とは、借り手が借りた金額を支払うことを保証する契約のことを指します。連帯保証は、借り手が借り入れを受ける際に、貸し手から求められることがあります。連帯保証人は、借り手が支払いを拒否した場合や、借り手が破産した場合など、借り手の代わりに借り入れを支払う責任を負います。連帯保証人は、借り手以外にも、借り手の家族や会社などが担うことがあります。

会社の売却において、会社の借り入れに対して連帯保証をしている社長が、会社の売却後に連帯保証を解除することは当然です。

連帯保証が必要となる理由

連帯保証が必要となる理由は、貸し手が借り手の信用状況を検証するためです。借り手が借り入れを受ける際には、借り手の財務状況や業績などを検証することが必要です。しかし、借り手が個人の場合や、新しい会社の場合など、信用状況がわかりにくい場合があります。そのような場合には、連帯保証人が保証することで、貸し手が借り手からの借り入れを受け付けることができるようになります。連帯保証は、借り手が支払いを拒否した場合や、借り手が破産した場合など、貸し手が借り入れを回収するための手段としても利用されます。

連帯保証債務と通常の保証債務との違い

連帯保証債務と通常の保証債務との違いは、担保範囲にあります。連帯保証債務とは、借り手が借りた金額すべてを保証する契約のことを指します。つまり、借り手が支払いを拒否した場合や、借り手が破産した場合など、連帯保証人は、借りた金額すべてを負担することになります。一方、通常の保証債務とは、借り手が支払いを拒否した場合や、借り手が破産した場合など、保証人は、保証額までしか負担しないことになります。つまり、連帯保証債務は、通常の保証債務よりも、保証人の負担が大きくなることが特徴です。

催告の抗弁権

催告の抗弁権とは、催告された側が提出することができる弁論のことを指します。催告とは、法律上の処分を求める書類のことを指します。催告を受けた側は、催告された内容に異議を唱えることができます。そのような場合には、催告の抗弁権を行使することができます。催告の抗弁権を行使することで、催告された内容に対する異議を主張し、解決の糸口を探ることができます。催告の抗弁権は、催告された側が、催告された内容を受け入れるかどうかを決定する上で重要な役割を果たします。

検索の抗弁権

検索の抗弁権とは、主債務者が返済能力を有する状態にあるにもかかわらず、主債務者が返済を拒否し、保証人に支払いを要求してきた場合に、検索の本源に戻り、主債務者から返済を受けることを主張できる権利のことである。この権利は、主債務者が返済を拒否している場合でも、保証人の利益を守ることができるため、保証人が連帯保証人でない場合に特に有益な権利です。また、保証人が契約締結時に借用証書の写しを入手したり、主債務者から謝辞を受け取ったりすることで、さらに紛争が生じた場合の具体的な証拠とすることができるため、検索の抗弁権を強化することができます。また、保証人は、債権者の法的権利や適用される法律を理解し、締結する契約の制限について熟知した上で契約を締結すれば、保証人の権利を確実に保護することができます。このようにして、保証人は、どの段階においても検索の抗弁権を行使する必要がある場合に、正しい法的手順を踏んでいることを確認することができます。

分別の利益

分別の利益とは、保証人が複数いる場合に発生する均等割りの権利のことです。例えば、1億円の借金の保証人が4人いた場合、保証人1人あたりの返済額は、1億円を4で割った2500万円です。ただし、連帯保証人は2,500万円ではなく、全額を返済しなければならない場合もあります。つまり、最終的にはこの最終保証人に責任があるわけですから、このような契約にはリスクがあることを認識しておくことが重要です。さらに、債務者がローンを返せなくなった場合に、保証人がどのような経済的なバックアップを受けられるかについても検討する価値がある。収入や資産などの要因を考慮し、保証人が負うべき潜在的な負担を計算する必要がある。また、保証人の責任を軽減する必要がある場合は、保険など他の選択肢を検討することも有効である。共同借金のリスクを十分に理解した上で、コミットすることが重要です。

M&Aの方式と借入金・連帯保証の関係

M&A取引によって、債権が自社に残るケースと、相手方に譲渡されるケースがあります。ここでは、一般的なM&Aの手法である株式譲渡や事業譲渡の場合、借入金や連帯保証はどうなるのかについて説明します。なお、借入金については、M&Aの種類によって取り扱いが異なるため、M&Aを行う際には注意が必要です。特に、株式譲渡の場合、借入債務は会社本体に残り、株式を売却する株主は何らかの債務や返済の義務を負わないことになります。同様に、事業譲渡の場合は、すべての負債を譲受人に移転し、引き受けさせる必要があります。この場合、現株主と譲受人の双方が、未払いとなっている債務の金額や支払い形態について合意しておく必要があります。さらに、債務に連帯保証人がいる場合、保証の有効性と拘束力を確保するために、債務債務に関して別途合意する必要があります。このため、当事者は、債務債務の移転と連帯保証人の権利・義務の双方に影響を及ぼす可能性のある関連法規に留意する必要があります。このような複雑なケースや法的な影響を考慮し、M&Aを成功させるためには、経験豊富な弁護士と十分な協議を行うことが推奨されます。

株式譲渡のケース

株式譲渡とは、企業の株式を譲渡するM&A手法の一つです。株式の所有者が会社の実質的な所有者となるため、株式譲渡の場合、借入金は買主に移転することになる。所有権が完全に買い手に移るため、その後、既存の借入金を借り換えるのか、現在のペースで返済を続けるのかを決めることができるのは、買い手企業である。これに伴い、連帯保証も解除されるのが一般的である。ただし、100%株式譲渡でない場合には、注意が必要である。株式の一部を譲渡する場合、必ずしも全ての債務が譲渡されるわけではなく、連帯保証が解除されない場合があります。株式の譲渡額によっては、既存の債権者や投資家が売却に同意する場合としない場合がある。債権者が同意しない場合、株式譲渡が一定程度制限され、その見返りとして特定の債権者に何らかの補償が提供される場合があります。さらに、株式譲渡の税務上の影響も考慮する必要があります。取引の場所によっては、異なる税率が適用される場合があり、買い手は、適用される免税や控除を確実に利用するために、税務の専門家に相談する必要があります。さらに、すべての利害関係者が同じ考え方に立つことが成功の鍵であるため、事前に買い手と交渉し、取引の条件を共同で定めることが重要である。

事業譲渡のケース

事業譲渡とは、M&Aの手法の一つで、企業の事業の一部を売却するが、株式の譲渡は行われない。従って、既存法人は現オーナーに帰属し、同様に既存会社の債務も現保有者に紐付けされる。しかし、事業譲渡の対価として買主から現金を受け取ることが一般的であるため、買主はその資金を借入金の返済に充てることができ、このタイミングで金融機関に連絡することで、連帯保証の解除を交渉することができる。十分な資金と綿密な交渉により、企業は交渉を優位に進め、金融機関から有利な条件を獲得することができます。現在の債務構造とポートフォリオを徹底的に評価し、買い手の債務取得能力を評価することで、満足のいく結果が得られることを約束する。さらに、企業は、出口条件や債務義務の譲渡を慎重に構成することで、取引の潜在的価値をさらに最大化することができます。事業譲渡は複雑な取引であり、最適な結果を得るためには、専門家のアドバイスと正確な分析が必要です。

連帯保証を解除する方法

株式譲渡の場合、買い手側にローンが移るケースが多いため、最終的には連帯保証が解除されることになりますが、自動的に解除されるわけではありません。連帯保証を解除するには、買い手側が連帯保証人を引き受けることに同意するか、買い手側が金融機関と交渉して連帯保証人なしのローンに切り替える必要があります。また、そもそも連帯保証人の変更は、謄本に代表者が変更されたことが反映されて初めて可能になる。変更登記がなされるまでは、既存の所有者が連帯保証人となり、販売会社の所有者の不安は解消されません。リスクを少しでも減らすために、株式売却時に買い手企業が債務を全額返済するのか、変更登記後に買い手企業が保証人の解除を交渉するのか、買い手企業との間で定めておくことが必要です。合意形成の過程において、両当事者は、購入の一部としての権利と義務、また発生し得るリスクについて、確実に認識する必要があります。こうすることで、契約条件に関する意見の相違や混乱を最小限に抑えることができ、また、双方が譲渡条件に満足していることを確認することができます。これは、仮想的に合意された義務や特定の状況下で可能なアクションを概説する契約書の形で行うことができます。経験豊富な弁護士は、潜在的な問題や驚きを考慮することができるように、すべての契約を確認し、長方形にする必要があります