person using laptop on white wooden table

事業譲渡を成功に導くための決議の要否:株主総会での決議は必要?

person using laptop on white wooden table

事業譲渡を成功に導くための決議の要否:株主総会での決議は必要?

この記事はこんな方におすすめ
  • 事業譲渡を行うことは決まったけど、決議が必要か確認したい人
  • 株主総会での決議が必要か確認したい人
  • 議事録の雛形をほしい人
議事録はテンプレで大丈夫!
キャプラス編集部
キャプラス編集部

事業譲渡することに決まりましたが、たしか株主総会をひらく必要がありましたよね

はい、議事録は定型的なものなので、そんなに難しくないですよ!

MA先生
MA先生

1.まず、事業譲渡とは?

事業譲渡とは、ある企業が自分の事業を別の企業や個人に売却することを指します。事業譲渡は、ある企業が事業を継続していくことができない場合や、新しい事業に取り組むために必要な資金を調達するために行われることが多いです。また、事業譲渡により、譲渡先の企業や個人は、事業を継承することで、従業員や顧客、土地などを継承することができます。

事業譲渡は、企業の構造や事業内容によって異なります。例えば、企業が子会社を売却する場合や、資本金を提供する投資家が企業の株式を購入する場合などが挙げられます。また、事業譲渡には、資産譲渡と契約譲渡という2つのタイプがあり、それぞれ特徴が異なります。資産譲渡では、企業が所持する資産(土地や建物など)を譲渡先に売却することができます。一方で、契約譲渡では、企業が結んでいる契約や取引を譲渡先に引き継ぐことができます。契約譲渡は、企業が持つ事業を完全に継承することができるため、多くの場合に選択されます。

事業譲渡には、多くの利点があります。まず、企業が資金を調達することができるため、新しい事業に取り組むことができます。また、事業譲渡により、企業は、事業の継続が困難であった場合に、事業の継続を保証することができます。さらに、事業譲渡により、従業員が新しい雇用機会を得ることができるため、社会的な意義もあります。

しかし、事業譲渡には、リスクが伴います。例えば、事業譲渡により、企業の株価が下落することがあります。また、事業譲渡により、従業員が不

満足な給与や福利厚生を受けることができなくなる場合もあります。さらに、事業譲渡の際には、法的な問題が発生する可能性があります。例えば、契約書や譲渡契約に不備があった場合には、裁判が発生する可能性があります。そのため、事業譲渡を行う際には、法的な問題を避けるための対策が必要です。

事業譲渡を成功させるためには、譲渡先との交渉や契約の締結に加え、法的な問題を避けるための対策が必要です。また、事業譲渡後も、譲渡先が適切に事業を運営し、従業員や顧客が満足するような管理が必要です。さらに、事業譲渡を成功させるためには、プロジェクトマネジメントスキルや文書作成スキルが必要です。

ちなみにですが、事業譲渡の手順は次のようになります。

  1. 事業譲渡についての相手方との合意を得る
  2. 譲渡する事業の内容を明確にする
  3. 譲渡する事業にかかる費用やリスクを把握する
  4. 譲渡する事業についての契約書を作成する
  5. 譲渡する事業についての決議を行う
  6. 譲渡する事業についての登記を行う

上記の手順に従い、事業譲渡を行う際は、必要に応じて決議を行いましょう。下記に詳しく解説します。

  1. 事業譲渡についての相手方との合意を得る
  • 事業譲渡を検討する前に、相手方との合意が必要です。相手方との交渉を通じて、譲渡する事業の内容や費用、リスクなどについて協議し、合意する必要があります。
  1. 譲渡する事業の内容を明確にする
  • 譲渡する事業の内容を明確にすることが重要です。譲渡する事業には、権利や義務、費用負担などが含まれるため、譲渡する事業の内容をよく理解しておく必要があります。
  1. 譲渡する事業にかかる費用やリスクを把握する
  • 事業譲渡に伴い、費用が発生することがあります。また、譲渡する事業にはリスクが伴う場合もあります。事業譲渡を行う前に、譲渡する事業にかかる費用やリスクを把握し、適切な対応を行うことが重要です。
  1. 譲渡する事業についての契約書を作成する
  • 事業譲渡の内容を正式に定めるために、譲渡する事業についての契約書を作成する必要があります。契約書は、譲渡する事業の内容や費用、リスク、解除条件などを記載したものです。契約書を作成する際は、法的な観点からチェックを行い、問題がないか確認することが重要です。

5.譲渡する事業についての決議を行う

事業譲渡についての決議は、会社の業務にかかわる重大な決定であるため、適切な手順を踏む必要があります。通常は、社長が提案し、取締役会が決議を行います。決議が行われると、事業譲渡が正式に承認されます。

6.譲渡する事業についての登記を行う

事業譲渡が完了したら、譲渡された事業についての登記を行います。これにより、事業譲渡が公的に認められ、譲渡された事業が正式に変更されます。登記を行うには、必要な書類を提出し、手続きを行う必要があります。

2.事業譲渡の際に必要な準備

事業譲渡を行う際には、譲渡先との交渉や契約の締結が必要です。また、事業譲渡には、資産譲渡や契約譲渡という2つのタイプがあり、それぞれ異なる準備が必要です。

まず、事業譲渡を行う前に、譲渡先との交渉を行う必要があります。交渉では、譲渡する事業の内容や価値、譲渡する資産や契約などを協議します。また、交渉では、譲渡先が提示する金額や条件などを検討し、双方が満足するような合意を形成する必要があります。

次に、事業譲渡を行うためには、譲渡先との契約の締結が必要です。契約では、譲渡する事業や資産、譲渡する期間や金額などを明確に定める必要があります。また、契約では、譲渡後の事業の運営や管理についても定める必要があります。譲渡先が適切に事業を運営し、従業員や顧客が満足するような管理を行うことが重要です。

さらに、事業譲渡には、資産譲渡や契約譲渡という2つのタイプがあり、それぞれ異なる準備が必要です。資産譲渡では、企業が持つ土地や建物などの実質的な資産を譲渡先に売却することができます。一方で、契約譲渡では、企業が結んでいる契約や取引を譲渡先に引き継ぐことができます。事業譲渡を行う際には、譲渡先との交渉や契約の締結が必要です。また、資産譲渡や契約譲渡というタイプの違いもあり、それぞれ異なる準備が必要となります。

3.事業譲渡における株主総会での決議の役割と意義

事業譲渡における株主総会での決議の役割と意義は、次のようになります。

  • 株主総会での決議は、会社の業務にかかわる重大な決定を行うために行われます。事業譲渡は、会社の業務に重大な影響を与える決定であるため、株主総会での決議が必要とされます。
  • 株主総会での決議は、株主の総会の議決により行われます。議決には、多数決や特別決議などがありますが、事業譲渡についての決議は一般に多数決が適用されます。これにより、株主が事業譲渡の決定に参加することができます。
  • 株主総会での決議は、事業譲渡が正式に承認されるための決定手続きを行うために必要です。事業譲渡が承認されると、事業譲渡の契約書が効力を生じ、事業譲渡が実現します。
  • 株主総会での決議は、事業譲渡に関する情報を公開するための手続きを行うために必要です。株主総会では、社長が事業譲渡の提案を行い、株主が提案内容を理解しやすいように説明する必要があります。また、株主の発言を受け止めることで、株主からの意見や質問が反映されます。

事業譲渡における株主総会での決議は、株主が事業譲渡の決定に参加することができると同時に、事業譲渡が正式に承認されるための手続きを行うために必要です。また、株主総会での決議は、事業譲渡に関する情報を公開するための手続きを行うためにも活用されます。株主総会での決議は、事業譲渡の決定を適切かつ公平に行うために欠かせないものです。

4.事業譲渡の際の決議の要否

さて、「事業譲渡の際の決議の要否」という点について考えてみましょう。事業譲渡は、企業の事業を譲渡することにより、新しい事業に取り組むための資金調達を行うことができます。したがって、事業譲渡は、企業の業績改善や拡大につながることが期待されます。

しかし、事業譲渡は、リスクや法的な問題が伴うこともあります。事業譲渡を行うことで、企業が持つ資産や契約が譲渡先に移ることになります。これにより、企業が持つリスクや責任が譲渡先に移ることになります。また、事業譲渡を行うことで、企業が結んでいる契約や取引が変更されることになります。これにより、企業が取り扱う商品やサービス、顧客や従業員などに影響が出ることがあります。

そのため、事業譲渡を行う際には、適切な決議が必要となります。事業譲渡を行う際の決議では、譲渡する事業や資産、譲渡する期間や金額などを明確に定める必要があります。また、事業譲渡を行うことで、企業が抱えるリスクや責任がどのように変更されるかなども検討する必要があります。

5.事業譲渡において決議が必要な場合の手順

事業譲渡において株主総会での決議が必要な場合、手順は次のようになります。

  1. 株主総会を開催する
  • 事業譲渡についての決議を行うためには、株主総会を開催する必要があります。株主総会は、法定回数または社長の決議により、開催されます。株主総会の開催には、通知期間や招集方法などが定められているため、法令を遵守しながら開催する必要があります。
  1. 事業譲渡についての提案を行う
  • 株主総会では、社長が事業譲渡についての提案を行います。事業譲渡の提案には、譲渡する事業の内容や理由、譲渡する事業にかかる費用やリスクなどが含まれるため、株主が提案内容を理解しやすいように説明する必要があります。
  1. 株主の発言を受け付ける
  • 株主総会では、株主の発言を受け付けます。株主の発言には、提案に対する意見や質問などが含まれるため、社長や取締役などが発言を受け止め、適切な回答を行う必要があります。
  1. 決議を行う
  • 株主の発言を受け止めた上で、株主総会で決議を行います。決議は、株主の総会の議決により行われます。議決には、多数決や特別決議などがありますが、事業譲渡についての決議は一般に多数決が適用されます。株主総会での決議が行われると、事業譲渡が正式に承認されます。

上記の手順に従って、事業譲渡において株主総会での決議を行いましょう。なお、株主総会の開催や決議は法律上の処理となるため、適切な法的支援を受けることをおすすめします。

6.事業譲渡において株主総会での決議が不要な場合の手順

  1. 事業譲渡についての相手方との合意を得る
  • 事業譲渡を検討する前に、相手方との合意が必要です。相手方との交渉を通じて、譲渡する事業の内容や費用、リスクなどについて協議し、合意する必要があります。
  1. 譲渡する事業の内容を明確にする
  • 譲渡する事業の内容を明確にすることが重要です。譲渡する事業には、権利や義務、費用負担などが含まれるため、譲渡する事業の内容をよく理解しておく必要があります。
  1. 譲渡する事業にかかる費用やリスクを把握する
  • 事業譲渡に伴い、費用が発生することがあります。また、譲渡する事業にはリスクが伴う場合もあります。事業譲渡を行う前に、譲渡する事業にかかる費用やリスクを把握し、適切な対応を行うことが重要です。
  1. 譲渡する事業についての契約書を作成する
  • 事業譲渡の内容を正式に定めるために、譲渡する事業についての契約書を作成する必要があります。契約書は、譲渡する事業の内容や費用、リスク、解除条件などを記載したものです。契約書を作成する際は、法的な観点からチェックを行い、問題がないか確認することが重要です。

上記の手順に従って、事業譲渡を行いましょう。事業譲渡には法律上の処理が伴うため、適切な法的支援を受けることをおすすめします。