いまさら聞けない!事業承継を専門家が解説

いまさら聞けない!事業承継を専門家が解説


この記事はこんな方におすすめ
  • 事業承継について簡単に知りたい人
  • 事業承継って聞いたことあるけど、あまりよくわかっていない人
  • 事業承継やってみたいけど一歩を踏み出せない人
簡単に説明します!
キャプラス編集部
キャプラス編集部

世間では事業承継、事業承継問題、なんて言いますけど、いまいちよくわからないですよね

実際にはそんなに難しいことではないです。この記事で簡単にみていきましょう

M&A先生
M&A先生

事業承継とは何か

事業承継とは、ある企業や事業を継承することを指します。これには、企業を買収する方法や、事業を相続する方法などがあります。

事業承継により、継承される企業や事業に関連する資産や人材が引き継がれます。これにより、新しい事業をスムーズに開始することができます。また、継承される企業や事業には、すでに培われた顧客基盤やブランド力、技術力などがあります。これらを活用することで、ビジネスを拡大したり、競合他社との差別化を図ったりすることができます。

事業承継は、企業の成長や発展のために重要な手段の一つです。ただし、事業承継をすることにはリスクや負債が伴うこともあります。事業承継を行う場合は、適切な準備をし、リスクや負債を適切に管理することが大切です。

現在、事業承継に遭遇している中小企業の状況

現在、日本には約400万社の中小企業があり、そのうち60歳以上の経営者がいる企業は約240万社。このうち、後継者がいない企業は135万社に上るといわれている。 中小企業庁が経営者の年齢別人数を調べたところ、2003年の66歳(中央値)をピークに、1995年は47歳だったので、毎年ほぼ1歳ずつ上がっていき、2030年には80歳に達し、多くの企業が存続の判断を迫られることになる。これは、企業を経営する者にとっても、日本経済全体にとっても大きな関心事である。近い将来、多くの日本企業が同じように高齢化した経営者の交代という難題に直面することを知れば、日本の将来が心配になる可能性がある。特に、この問題を適時に解決できなければ、日本市場が低迷し、投資が阻害され、企業財務に支障をきたす可能性がある。日本政府はすでに、中小企業を支援するために新たな金融優遇措置や人事サービスの創設を試みていますが、この状況に対処するためにできることはまだ多く残っています。過去の事例から学び、この問題を軽減するための潜在的な戦略を特定することで、日本の多くの中小企業の継続的な成功を確保することが可能になるかもしれません。

誰に事業承継を行うべきか?

事業の承継者を決めるには、大きく分けて4つの方法があります。

(1) 事業を引き継ぐ資格のある息子や娘など、親族に引き継ぐことは、事業を継続させるための一般的かつ効率的な方法です。

(2) 信頼できる従業員に事業を引き継ぐことも、事業に時間とエネルギーを投資し、会社の成功を継続させることに既得権を持つ人々の手の中で、事業を継続させる効率的な方法となります。

(3) スキルセットと資格が適切であれば、外部から雇用して役員にすることも有効な選択肢の一つである。

(4) M&Aによる事業承継も一般的な方法だが、これは現オーナーが、後継者がすでに経験している事業の成功レベルを維持する能力に自信がない場合にのみ行われるのが普通である。この方法は、既存のビジネスを利用する方法と、個人投資家を募る方法のいずれでも可能です。

どの方法を選ぶにせよ、関係者全員と面談を行い、事業の安全性を確保し、違法行為があった場合に監視できるよう、秘密保持契約を締結する必要があります。さらに、すべての利害関係者が、合併または買収のメリットと、その結果、自分たちの役割がどのように変化するかを明確にする必要があります。このような詳細に前もって目を向けておくことが、成功への近道となるのです。

事業承継における後継者の傾向

子どもに事業を継がせたいと考える経営者の割合は、以前に比べて減少しており、20年以上前には9割を占めていた親族内承継の割合が6割を切り、従業員による親族外承継やM&Aが急速に増加していると言われています。その背景には、息子に事業を継がせ、経済・社会環境の変化で経営が難しくなったときに、その能力や経営責任を問われる「後継者難」を意識する経営者が増えてきたことがある。 しかし、一般的に事業承継を考える場合、まず親族や従業員による承継が検討され、M&Aによる承継は検討すらされないことが多いようです。

そのため、かつてどんなに成功した事業であっても、家族の同意を得ずに、家族の予想を超えた形で第三者に売却される可能性があるという厳しい現実を突きつけられることがあります。そのため、起業家は、事業承継に伴う事業売却の可能性について、家族や大切な人と話し合っておくことが重要です。

また、「いつか息子さんや娘さんが事業を継いでくれるだろう」と期待しながらも、子どもたちはそう思っていないことが多いようです。プロの経営コンサルタントなどに適切なアドバイスや指導を仰ぐことが、オーナーに知ってもらう第一歩です。

事業承継のメリットとデメリット

事業承継とは、ある企業や事業を継承することを指します。これには、企業を買収する方法や、事業を相続する方法などがあります。

事業承継にはいくつかのメリットがあります。まず、事業承継を通じて、継承される企業や事業に関連する資産や人材が引き継がれます。これにより、新しい事業をスムーズに開始できるという利点があります。また、継承される企業や事業には、すでに培われた顧客基盤やブランド力、技術力などがあります。これらを活用することで、ビジネスを拡大したり、競合他社との差別化を図ったりすることができます。

一方で、事業承継にはデメリットもあります。まず、事業承継を行うためには、多くの資金が必要になることがあります。買収する場合は、買収資金を準備したり、相続する場合は、遺産分割や遺言書作成などでかなりの費用がかかることがあります。また、事業承継をすると、継承される企業や事業に伴う負債やリスクが引き継がれることになります。これらの負債やリスクを適切に管理できないと、新しい事業が失敗する可能性があります。

したがって、事業承継をするかどうかは、慎重に検討する必要があります。継承される企業や事業の状況や、自分や自分の事業が抱えるリスクや負債などをよく考え、適切な判断をすることが大切です。また、事業承継をする場合は、法律面や税務面なども適切に遵守しなければなりません。また、事業承継をする際には、専門家やコンサルタントなどの助言を受けることも検討しましょう。

事業承継を実現するための準備

事業承継を実現するためには、様々な準備が必要です。まず、事業承継をする際には、継承する企業や事業の状況をよく調査し、自分や自分の事業が抱えるリスクや負債などを把握することが大切です。また、事業承継を行うための資金を準備することも必要です。買収する場合は、買収資金を準備したり、相続する場合は、遺産分割や遺言書作成などで必要な費用を準備することが必要です。

また、事業承継をする際には、法律面や税務面なども適切に遵守する必要があります。法律によっては、事業承継を行うためには、特定の手続きや届出が必要になることがあります。また、事業承継をすると、税金が変わる場合もあるため、税務面を適切に管理することも必要です。

また、事業承継を実現するためには、人材や組織を適切に管理することも必要です。継承される企業や事業には、すでに培われた人材や組織がある場合が多いですが、それらを適切に統合しなければなりません。また、事業承継をすることにより、社員や従業員の役割や職場環境が変化する場合があるため、適切なコミュニケーションを取り、社員や従業員への配慮が必要です。また、新しい組織を作る場合は、新しい組織構成や人材育成の方針などを検討し、適切な管理ができるようにする必要があります。

さらに、事業承継を実現するためには、顧客や取引先との関係を適切に管理することも重要です。事業承継をすることにより、顧客や取引先の取り扱い方法や契約内容が変化する場合があるため、適切なコミュニケーションを取り、変化に対応できるようにする必要があります。

以上のように、事業承継を実現するためには、様々な準備が必要です。継承する企業や事業の状況をよく調査し、資金や人材、組織、顧客や取引先などを適切に管理することが大切です。また、法律や税務などの面も適切に遵守する必要があります。事業承継を実現するためには、専門家やコンサルタントなどの助言を受けることも検討すると良いでしょう。

事業承継の計画はいつから始めるべきか?

事業承継は計画的に、タイミングよく行うことが大切です。多くの専門家は、事業承継の3期前から事業承継計画のプロセスを開始すべきであると指摘しています。これによって、所有権の移転と経営の移行を進めるための十分な時間を確保することができます。また、会社全体の業務、財務、契約、在庫などの資産を見直し、改善が必要な組織の問題点を洗い出す機会にもなります。また、所有権移転の前に、税金、ローン、契約などが解決されていることを確認する必要があります。

さらに、事業の現在価値を正確に把握し、円滑な移行を実現するために対処すべき人事、財務、法務の問題を検討する必要があります。最後に、長期的な成功のために、事業に対する目標を明確にし、引き継ぐべき人物を決めておく必要があります。

事業承継の際の注意点

事業承継の際には、様々な注意点があります。まず、事業承継を行う場合は、継承する企業や事業の状況をよく調査することが大切です。継承される企業や事業には、資産や人材だけでなく、負債やリスクがある場合があります。自分や自分の事業が抱えるリスクや負債と組み合わせると、事業が失敗する可能性があるため、適切な判断が必要です。

また、事業承継を行う場合は、法律面や税務面なども適切に遵守する必要があります。法律によっては、事業承継を行うためには、特定の手続きや届出が必要になることがあります。また、事業承継をすると、税金が変わる場合もあるため、税務面を適切に管理することも必要です。

さらに、事業承継を行う際には、人材や組織の管理が重要です。継承される企業や事業には、すでに培われた人材や組織がある場合が多いですが、それらを適切に統合しなければなりません。また、事業承継をすることにより、社員や従業員の役割や職場環境が変化する場合があるため、適切なコミュニケーションを取り、社員や従業員が変化に適応できるようにする必要があります。

以上のように、事業承継の際の注意点は多岐にわたります。継承する企業や事業の状況をよく調査し、自分や自分の事業が抱えるリスクや負債を考慮した上で、事業承継を行うことが大切です。また、法律や税務などの面も適切に遵守し、人材や組織の管理も行うことが重要です。事業承継をする際には、専門家やコンサルタントなどの助言を受けることも検討すると良いでしょう。

事業承継の後の取り組み方法

事業承継が完了した後は、さまざまな取り組みが必要になります。まず、事業承継を行うことにより、継承される企業や事業に関連する資産や人材が引き継がれます。これらを適切に管理し、新しい事業をスムーズに運営するために必要な取り組みがあります。

また、事業承継を行うことで、顧客基盤やブランド力、技術力などが継承されます。これらを活用し、ビジネスを拡大したり、競合他社との差別化を図ったりするための取り組みが必要です。また、新しい事業を開始することにより、顧客や取引先との関係が変化する場合があるため、適切なコミュニケーションを取り、顧客や取引先に対応する必要があります。

さらに、事業承継を行うことにより、社員や従業員の役割や職場環境が変化する場合があります。これらの変化に対応するためには、適切な人材育成や組織改革などの取り組みが必要です。また、事業承継を行うことにより、法律や税務などの面で新しい義務や義務が生じる場合があるため、適切な対応が必要です。

以上のように、事業承継の後の取り組み方法は多岐にわたります。継承される資産や人材を適切に管理し、新しい事業を運営するための取り組みが必要です。また、継承される顧客基盤やブランド力、技術力などを活用し、ビジネスを拡大したり、競合他社との差別化を図るための取り組みも必要です。さらに、人材や組織の管理、法律や税務などの面での対応も行うことが重要です。

事業承継をサポートする政策や制度

事業承継をサポートする政策や制度は、様々なものがあります。例えば、政府や地方公共団体が提供する事業承継支援事業や助成金などがあります。これらの支援を受けることで、事業承継を実現する上での困難や負担を軽減することができます。

また、事業承継を促進するために、政府や地方公共団体が提供するセミナーや個別相談などがあります。これらを受けることで、事業承継についての知識やノウハウを得ることができます。

さらに、事業承継を実現するためには、法律面や税務面なども適切に遵守する必要があります。そのために、政府や地方公共団体が提供する法律や税務に関する支援があります。例えば、税務上の特別措置や優遇措置などがあります。これらを利用することで、事業承継を実現する上での制約や負担を軽減することができます。

政府が提供する事業承継支援プログラム

政府が提供する事業承継支援プログラムとは、企業の事業承継を支援するために政府が行っているプログラムです。これらのプログラムは、事業承継に関する情報の提供や支援を行うものや、事業承継に係る技術や知識を学ぶことができるセミナーや塾などがあります。

例えば、経済産業省が提供する「事業承継塾」は、事業承継に係る法律や経営戦略、マーケティングなどの技術や知識を学ぶことができる塾です。また、地方公共団体も事業承継の支援を行っており、事業承継のための相談やセミナー、助成金の制度などがあります。

また、政府が提供する事業承継支援プログラムは、中小企業や独立系経営者を対象としたものもあります。これらは、事業承継に伴う税制や法律の問題を解決するための相談窓口や助成金の制度などがあります。

政府が提供する事業承継支援プログラムを利用することで、経営者は事業承継に係る知識や技術を身につけることができます。また、事業承継に伴う問題を解決するための支援を受けることができるため、円滑な事業承継を実現することができます。

事業承継奨励金の制度

事業承継奨励金の制度とは、政府が事業承継を促進することを目的として定めたものです。この制度は、企業や事業主が事業を承継することで、経済の持続性や雇用の創出に寄与することを目的としています。事業承継奨励金を受けるためには、事業承継を希望する企業や事業主が、該当する地方公共団体や自治体に申請する必要があります。

申請する際には、承継予定の事業に関する情報や計画書などが必要となります。申請が通るかどうかは、承継予定の事業が制度の目的を満たすかどうかなどが審査の基準となります。受けられる奨励金の金額や支払い方法などについても、事業承継の内容や条件に応じて異なるため、詳しくは申請する際に地方公共団体や自治体から確認するようにしましょう。

事業承継の税制優遇措置

事業承継の税制優遇措置とは、政府が事業承継を促進することを目的として定めたものです。この措置は、事業を承継することで、経済の持続性や雇用の創出に寄与することを目的としています。事業承継の税制優遇措置には、所得税や住民税の減税や控除、企業税の税率の引き下げなどがあります。これらの優遇措置は、事業を承継する企業や事業主が受けることができるものです。具体的な優遇措置の内容や申請方法などについては、税務署や税理士などの専門家に相談するか、政府のウェブサイトなどで確認することができます。

事業承継に関する相談窓口やセミナーなどの情報提供

事業承継に関する相談窓口やセミナーなどの情報提供は、事業承継を希望する企業や事業主が、承継に関する疑問や悩みを解決するための情報提供を行うものです。これらの情報提供は、政府や地方公共団体、自治体、民間団体などが行っています。相談窓口では、事業承継に関する相談や助言を受けることができます。また、セミナーやイベントなどでは、実際の事業承継の経験者や専門家が講演を行い、事業承継に関する知識やノウハウを発信しています。これらの情報提供を受けることで、事業承継についての理解が深まり、承継プロセスをスムーズに進めることができるでしょう。

事業承継に係る法律相談や助成金制度などの支援 

事業承継に係る法律相談や助成金制度などの支援は、事業承継を希望する企業や事業主が、承継プロセスで直面する様々な問題や課題を解決するための支援を受けることができるものです。これらの支援は、政府や地方公共団体、自治体が行っています。

例えば、法律相談では、事業承継に係る法律的な問題や疑問に対して、専門家からアドバイスや助言を受けることができます。また、助成金制度では、事業承継に伴う費用や投資に対して、一定の程度を超える場合には、政府から補助金を受けることができる制度があります。これらの支援を受けることで、事業承継を成功させるための助けとなります。

事業承継における相談先や専門家の紹介

事業承継には様々なステージがあります。それぞれのステージにおいて、相談先や専門家の紹介が求められることがあります。例えば、事業承継を検討する際には、相続や税務の専門家や、事業計画や事業評価の専門家を紹介する必要があります。また、事業承継の契約や移転手続きをする際にも、法律の専門家や業務提携の専門家を紹介することが求められます。

事業承継には多くの専門家が関わりますが、それぞれの専門家が持っている知識や経験が異なります。そのため、相談する際は必ず専門家の資格や経験を確認し、適切な相談先を選ぶことが大切です。また、事業承継に伴い、事業内容や規模が変化する場合があるため、専門家の紹介だけでなく、事業承継に伴う法律や税金についてもしっかりと理解することが重要です。

この記事を監修した人